学びのひろば:沖縄の歴史――首里城の跡

あたたかな気候、美しい海、多様な生態系、琉球王国の時代から受け継がれる文化…。沖縄は数多くの魅力をもっています。国内でも指折りの観光地・沖縄は、同時に、苦難の歴史と、いまも続く問題を背負った地でもあります。

沖縄の海沖縄といえば、なんといってもサンゴ礁の碧い海。ゴーヤチャンプルーやソーキそば、アグー豚など食文化も魅力ですし、三線で奏でられる音楽も好きな人が多いでしょう。

また、沖縄を代表する建築物、名所として多くの人が思い浮かべるのは、朱色が青空に映える首里城ではないでしょうか。

首里城が建てられたのは14世紀ごろ。中国と日本の技術が織り交ぜられた独特の建築様式で、壮麗な姿だったとされていますが、太平洋戦争で1945年に焼失しました。現在の正殿は、1992年に再建されたものです。

2000年、日本で11番目の世界遺産として「琉球王国のグスクと関連遺産群」が登録されました。沖縄島にある9つの物件からなる遺産群で、そのうちの1つが「首里城跡」です。

首里城は世界遺産として有名ですが、ユネスコ〈国連教育科学文化機関〉から評価を受けたのが、現在の正殿そのものではないということは、あまり知られていません。

戦後再建された正殿ではなく、戦火のあとに残された遺構――現在も正殿の床下に保存されている土台の石組みなど――が、琉球王国の文化の独自性を伝える「首里城跡」として評価され、文化遺産に登録されたのです。

ガイドブックや観光地からは、華やかな沖縄の魅力を知ることができますが、文化の背景や歴史も、沖縄の大切な一面です。

かつて沖縄にあった琉球王国は、中国や日本との交易で繁栄しましたが、明治時代に武力で日本に組み込まれました。太平洋戦争の末期、沖縄諸島は戦場となり、この沖縄戦では約12万人の市民が犠牲になったとされています。戦後、アメリカの統治下から沖縄が日本に復帰したのは1972年。いまも県域の多くをアメリカの軍用地が占め、基地をめぐる問題が続いています。

小中学校の授業を支援するデジタル教材「ブリタニカ・スクールエディション」の「おすすめ!調べ学習マップ あたたかい地域・寒い地域に住む人々のくらし」で、沖縄の伝統的な文化などについて詳しく調べてみませんか?

<上記の記事内リンクをご覧になるには、ブリタニカ・スクールエディションへのアクセスが必要です。>


教育機関向けにブリタニカ・スクールエディションの30日間のフリートライアルを受け付けています。こちらからお申込みください。

【お問合せ】 担当:名取・森  03-5436-1390 / sales@britannica.co.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。