Topics:エスワティニはどんな国?

 

2018年4月19日、アフリカ南東部にある国「スワジランド」が「エスワティニ」に国名を変更しました。

国王ムスワティ3世はこの日、イギリスからの独立50周年を記念する式典での演説のなかで、国名を「スワジランド」から「エスワティニ」(Eswatini)に変更すると宣言しました。

国王によると、前の国名「スワジランド」はイギリス植民地時代に名づけられたもので、そのため国民から不満の声も多かったといいます。スワジ族のことばで「スワジの土地」を意味するという「エスワティニ」を採用することは、この声に応えたかたちでもあったようです。また、英語表記 “Swaziland” は “Switzerland”(スイス)と間違えられることも多かったとか。

エスワティニから世界を知ろう!

そんなエスワティニについて、どのくらい知っていますか? エスワティニ王国は、立憲君主制の形態をとっていますが、実態は国王が圧倒的な権力をもっており、絶対君主制と報じられることもあります。面積は約1万7000平方キロメートルと日本の四国よりやや小さく、住民は約 80%がバンツー語系のスワジ族です。人口の70%弱は30歳未満です(日本は30%弱)。現在、隣国であり、最大の貿易相手国でもある南アフリカ共和国South Africa)との間に全長146キロメートルの鉄道新線の建設が計画されているそうです。では、このエスワティニ、どのようなものを輸入・輸出していると思いますか?

Eswatini
ブリタニカ・オンライン・ジャパン|Britannica Japan Co. LTD

ブリタニカ・オンライン・ジャパンではエスワティニはもちろん、世界各国について基本情報から国の歴史、地勢・気候や民族構成、産業から近代の動きにいたるまでを読むことができます。国旗の由来を知ったり、国歌を聞いたりすることもできます。さらに、その国の一年の振り返りに、各種の統計データやグラフが加わった国際年鑑の記事もご覧いただけるので、とてもお得です。

 


<ブリタニカ・オンライン・ジャパンやBritannica Schoolへのアクセスをお持ちでない方は無料トライアル(教育機関向け)へお申込みください>

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成 テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。