学びのひろば:台風の不思議

2018年は、例年にまさるペースで多くの台風が日本に接近、上陸しました。高潮や鉄道の計画運休など、台風のニュースをたびたび目にされているのではないでしょうか。日本人になじみ深い気象現象ですが、台風がどうして発生するか、ご存知ですか?

7月初旬の西日本豪雨(「平成30年7月豪雨」)は、雨の災害として記録的な被害をもたらしました。この豪雨は、「台風7号」が梅雨前線に温かく湿った空気を運び続けたことで、勢いを増したとみられています。

「逆走」が話題になったのは、同じ7月に発生した「台風12号」です。時期にもよりますが、多くの台風は、日本列島付近では北東に進みます。しかし台風12号は、小笠原諸島を北上したあと東海沖を西に進み、近畿に上陸して、山陽、九州を通過するという異例のルートをたどりました。ここまではっきりと台風が逆走したのは、観測史上で初とのことです。

平成30年台風12号の進路(出典:気象庁ホームページ)

気象会社によると、この動きのメカニズムは、「東海沖に寒冷渦が存在し、また、猛暑の原因にもなった夏の高気圧が北日本にまで張り出していたため、台風は進路をはばまれて西に向きを変えた」と説明できるようです。

…この解説自体も、ちょっと難しいかもしれません。

日本にこれだけ影響を与えており、身近といえる台風ですが、その仕組みや成り立ちについて、しっかりとわかっている人は少ないのではないでしょうか。

台風の構造
台風の構造

台風は、温暖な北太平洋の海で、熱帯低気圧として生まれます。
熱帯の海では、強い日差しを受けて海水があたたまり、大量の水蒸気が発生します。水蒸気を含んだ暖かい空気は、上昇気流となって上空に上ります。上空に上った空気は冷えて、含んでいた水蒸気を外にはき出します。この水蒸気が雲になり、わた雲(積雲)や入道雲(積乱雲)となります。これが台風のもとです。
水蒸気は上空で雲になるとき、大量の熱を出します(潜熱)。この熱がさらに空気をあたためて、上昇気流を強めるので、雲は背の高い巨大な積乱雲となります。地上付近では空気が上空にのぼってしまうために気圧が低くなり、そこへまわりから空気が流れこみます。この流れこんだ空気に地球の自転による回転が加わり、強いうずができます。これが熱帯低気圧で、この熱帯低気圧の最大風速が1秒間に17.2m以上になると台風と呼ばれます。


もっと知りたい方は、小中学校の授業を支援するデジタル教材「ブリタニカ・スクールエディション」の「台風」を是非ご覧ください。なお、小学5年社会の単元「日本の気候の特色」の調べ学習には、「おすすめ!調べ学習マップ 日本の気候の特色」をご活用ください。

「どうして台風はいつも曲がりながら日本に近づくの?」「梅雨とどう関係しているの?」「なんで沖縄県は台風の影響をよく受けるの?」こんな素朴な疑問について、しっかり答えられるようになると思います。


<記事内リンクをご覧になるには、ブリタニカ・スクールエディションへのアクセスが必要です。>

教育機関向けにブリタニカ・スクールエディションの30日間のフリートライアルを受け付けています。こちらからお申込みください。

【お問合せ】 担当:名取・森  03-5436-1390 sales@britannica.co.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。